こんな選び方もあるの?歯ブラシ選びで歯が変わる!

>

毛先の選び方

毛の硬さはどう選べばいい?

硬すぎると歯茎が痛くなってしまうし、柔らか過ぎると磨いた感じがしない。毛先は歯ブラシ選びでも重要なポイントですし、同時に難しい部分でもあります。直接歯に触れる部分なので好みが反映しやすいですが、出来れば歯茎の健康状態からチェックして下さい。
歯茎が健康で出血がなければ普通がベストです。歯茎を触ってブヨブヨしている、少しでも触ると出血する場合は柔らかめが良いです。
歯茎に合わない歯ブラシは出血や傷の原因になり口臭を招く事もあります。歯茎が健康であり、且つ落としたと言う気分を味わいたい場合には硬めが良いですが磨き方を間違えると、歯茎に傷をつけてしまうので口腔内の状況によって歯ブラシを使い分けるのがベターです。

歯周病や歯茎のケアにおすすめの毛先

虫歯予防は当たり前ですが正しい磨き方で歯周病を予防したり、歯茎のケアをしたり出来ます。歯周病予防をする場合は毛先に向かって細くなっていく超極細毛がおすすめです。超極細毛は歯の隙間だけでは無く歯茎の境目にも入っていくので歯周ポケットの汚れもしっかりと除去します。
別の項目でも説明しましたが、歯茎の健康は全身の健康にも繋がるので歯磨きの時にマッサージをすると効果的です。指でのマッサージも良いですが歯茎にフィットする様に設計された毛先なら、歯を磨きながら歯茎マッサージが出来ます。
柔らかい素材を使っているので痛めませんし、時間短縮にもなるので忙しい方にもぴったりです。合わせて歯茎ケア用の歯磨き粉を使うと更に良いです。


この記事をシェアする